割れたチークやアイシャドウの修復方法

割れたチークやアイシャドウの修復方法

お気に入りのチークやアイシャドウなどパウダー系の化粧品は使っているうちに衝撃で割れてしまったり、粉々になってしまうことが意外によくあります。そのままでは化粧ポーチを汚してしまったり、使いにくく感じてしまうでしょう。その結果お気に入りの化粧品であっても諦めて処分してしまう人も多いのではないでしょうか。ですが、こうしたパウダータイプの化粧品は自分で修復することも可能です。せっかくなのでひと手間かけてお気に入りの化粧品を長く使ってみるといいかもしれません。その際に準備するものは紙と少量の水、スプーンの3点です。まず初めに、割れて粉々になったチークややアイシャドウの粉を紙の上に全て移します。次にスプーンの背を使ってそれを細かいパウダー状に潰します。そしてパウダー状になったチークやアイシャドウを元の容器に戻すのですが、その前に容器に水を数滴落とします。パウダーを容器に戻す際は水となじませるように少しずつスプーンでかき混ぜながら行うのがポイントです。少量ずつパウダーを戻すことで、ダマになるのを防ぐことができます。ある程度全体が馴染んだら、最後はスプーンの背中で容器に強く押し付けるように圧力をかけます。最初は水分が多く感じてしまうかもしれませんが、時間が経つと水分が蒸発し元のサラサラとした仕上がりになります。グラデーションになった製品の場合はこうした修復方法が難しいですが、単色のチークやアイシャドウであればこうした方法で簡単に修復することが可能なので試してみると良いでしょう。人それぞれ体質によって太りやすい、痩せやすいという違いあります。しかし、特に食べ過ぎているわけではないのに下半身が太りやすいタイプの人は、普段の生活習慣が影響しているのかもしれません。体質のせいだと思いこまずに、今の生活習慣を改善させることが下半身太りを解消する近道なのです。実は下半身太りの原因は、冷えが大きく影響していると考えられます。そのため、日頃座りっぱなしの状態であまり動かないことがない人は下半身が冷え太りやすくなってしまうのです。なかには冷え対策としてブランケットなどの膝かけを使用している人もいるでしょう。ですが、冷えは外からのものだけでなく、血流が悪くなることでも引き起こしてしまうのです。座りっぱなしの時間が長い場合、どうしても足の血流が悪くなってしまい下半身が冷えてしまうのです。この冷えが原因で老廃物が溜まりやすくなる、新陳代謝が悪くなる、そして脂肪が燃焼しにくくなってしまうなど太りやすい原因となってしまいます。自分のお尻や太ももを触ってみて冷たく感じる人は下半身が冷えを起こしていると判断できます。普段から下半身を温めるよう意識してみるといいでしょう。簡単なのはスクワットや下半身を使ったエクササイズです。階段の上り下りなど下半身を大きく使う動作も効果的です。日頃座りっぱなしで歩くことが少ない人は、こうしたエクササイズや動作を多く取り入れ冷えの解消、そして下半身太りを阻止しましょう!行徳すぐの理容室