豆乳ドリンクの作り方

豆乳ドリンクの作り方

豆乳には女性に嬉しい大豆イソフラボンが多く含まれています。大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすると言われており、美肌作りにも欠かせません。豆腐や味噌などの食材から摂取する事も出来ますが、日頃から豆乳ドリンクを作って美肌を心がけるのもいいでしょう。また、牛乳が苦手でも豆乳ならスッキリとしており飲みやすいと感じる人もいます。そして牛乳と同じく様々な味のアレンジができるのが嬉しいです。簡単な豆乳ドリンクの作り方として、「豆乳ココア」「抹茶豆乳ラテ」「豆乳ミルクティー」「フルーツ豆乳」などがおすすめです。豆乳ココア、抹茶豆乳ラテはココアパウダーと抹茶パウダーに温めた豆乳を加えます。粉と豆乳が分離しないように、最初に少量の温めた豆乳で粉を練っておくのがポイントです。次に豆乳ミルクティーですが、こちらは好みの紅茶を濃いめに入れ、温かい豆乳で紅茶を割ります。甘みが欲しい時は、砂糖ではなくはちみつで優しい甘さをつけると風味もよく仕上がります。そして最後にフルーツ豆乳ですが、こちらは自分の好みのフルーツに豆乳とはちみつを加えミキサーにかけます。特にばななやいちごは豆乳とも相性がよく、飲みやすいと感じる人が多いかもしれません。美容のために豆乳を飲み始めても、変わり映えのない味に飽きてしまう、続かないという人もいるでしょう。そんな人は時々アレンジを加えながら楽しく継続していくのがおすすめです!化粧を行う際に、以前と使い心地が違うと感じたことはありませんか?もしかしたら、間違った保管の仕方をしているのかもしれません。食品であれば、種類に分けてそれぞれに適した保管方法を選びますよね。鮮度が大切な肉や魚は冷蔵庫へ、そして同じ冷蔵庫に入れるものでも野菜は野菜室へ、などその食材によって決めるのではないでしょうか。それが美味しく食材を長持ちさせるために大切なことですよね。化粧品の場合も同じで、化粧品をより良い状態で長持ちさせるために、正しい保管方法を選ばなければいけません。適した保管方法でなければ、腐敗したり雑菌が増殖しやすくなってしまうのです。まず、気をつけなければいけないのが温度や湿度の管理です。高温多湿を避けて保管することで腐敗や雑菌の増殖を少なくすることができます。くれぐれも直射日光や、湿度の高い風呂場での保管は控えましょう。次に、しっかりと密封することです。バタバタしてつい蓋を閉め忘れてしまうこともあるかもしれません。しかし、それでは化粧品が傷む原因になってしまいます。また、中身が空気に触れてしまうことで酸化の心配もあります。化粧品を使用した後はしっかりと蓋を閉める習慣をつけましょう。最後は容器の汚れをしっかり落として保管することです。中身は大丈夫だろうと思ってしまいますが、汚れた容器に触れる手から雑菌が容器の口についてしまうことも十分考えられます。中身だけでなく、外側も清潔に保つことも重要です。日頃から正しい保管方法を実行して、少しでもお気に入りの化粧品を長持ちさせましょう!美容室 鶴瀬 美容院 カラー トリートメント 白髪染め クーポン おすすめ ランキング