単価を上げたい美容室

単価を上げたい美容室

美容室に不満を感じた人の中には、「色々と勧められたのが嫌だった」と言う人もいます。それはトリートメントが別料金でしつこく勧められた、とか専売品のヘアケア製品をやたらたと勧められた、といった事だと思うんですね。そういう美容室と言うのはお客さんのオーダーはもちろんですが一人あたりのお客さんの単価を上げる事を強化している美容室なのでしょう。カットしかオーダーしないお客さんに対して質の良いシャンプーやトリートメントを買ってもらうとしたりする感じですね。パーマやカラーリングにしてもその料金にトリートメントは含まれていなくて、別料金でダメージケアのためのトリートメントを勧めてくるケースもあるでしょう。そういう所は最初の料金設定は低めになっている事が多いです。おそらく美容師一人一人がノルマの様なものを抱えているのではないでしょうか。確かにそれがあからさまにお客さんに見えてしまうような美容室だと、ちょっと行く気が失せてしまうのも理解できますね。一度そういう美容室で失敗した、と感じたのであれば、次回からは少なくともパーマやカラーリングにトリートメント料金が含まれているかどうか、といった事をチェックして美容室選びをしてみる方が良いかもしれませんね。割引をしない美容室、割引をする美容室、以外にも「割引はしないけれども最初から料金設定が安い」と言う美容室も有ります。むしろこういう美容室が今は主流となっているのかもしれません。こういう美容室が狙っているのは「料金が魅力的でやってくるお客さんを集める」という事なのではないでしょうか。お客さんも安い事を前提としてきているので結果にあまり文句を言わない、美容室の方も顧客になってもらう事にこだわらないので、日々自分の目の前のお客さんとだけ向き合っていればよい、という事になるのかもしれません。そいうったある意味ドライな感じの美容室の方が今は人気なのかもしれません。ですがもしもそういう美容室にこだわりを持ったお客さんが言ってしまうと、料金は安くて良いけれども、なんだか味気ないし仕上がりもイマイチ、というような感想を持ってしまうかもしれません。そういう美容室はそもそも美容室ジプシーを受け入れる美容室なのかもしれませんから、ジプシーになりたくない人にとってはあまり向かない美容室と言えるかもしれません。自分が何を求めて美容室を探しているのか、という事をまずは明確に持った方が良いかもしれませんね。そしてそのニーズに合うお客をターゲットとしている美容室を探すのが近道でしょう。美容室 ヘアサロン 綱島 カット カラー パーマ おすすめ 安い