商品説明には書かれていない良さ

商品説明には書かれていない良さ

美容室の専売品をお客さんに買ってもらおうとするときには、その商品に対する説明やお客さんの質問に対する答えをきちんと用意しておかなくてはいけないでしょう。ですがその時に商品説明に最初から書かれている事だけを伝えてもお客さんのこころにはあまり響きません。なぜならお客さんも日々の買い物の中で、どんな商品の説明にも良い事しか書かれていない事は十分に判っているからです。読めばわかることしか説明できないのは、聞く方にしてみれば説得力に欠けるのです。その説明するスタッフさんのことばで、その人が実感した良さを聞きたいのです。そのためにはまずはスタッフがそれを使っている事が望ましい、という事になります。自分の実体験を交えて説明すれば、信憑性はかなりアップします。また自分の実体験に基づいて説明するならば、相手のお客さんが自分と同じような髪質や施術の履歴がある人が望ましいでしょう。クセ毛のお客さんに対して、ストレートヘアの様のヘアケア製品の説明をしてもあまり説得力がありません。お客さんの髪質と自分の髪質は似ている、という事をまずはお客さんに共感してもれえば、自分と同じ髪質の美容師さんが良いと言っている製品、という事になり、興味もわいてくる事でしょう。一般的な美容室では、おそらくお客さんが今自宅のヘアケアのために使っているものは、ドラッグストアなどで購入した、ごく一般的な市販品だと思うんですね。美容師としては当然のことながら市販品よりも自分たちの美容室が扱っているヘアケア製品の方が質が良い、という事は良く解っていますしそこがアピールポイントでもあります。ですがお客さんに薦める時に今お客さんが使っている市販品をバカにしたり否定したり、ましてやその製品を使っているお客さんの意識自体をバカにしたり、という事をしてはダメですよね。それは市販品を使っているお客さんを下に見ていると感じさせると同時に「美容室のものを使いなさい」と強く売り込んでいるのと同じことになります。美容室のスタッフにしてみれば自分の美容室で使っているものに自信を持っている、という気持ちの表れであるとは思いますが、それは他の製品を否定しなくても上手く説明できるはずなんですね。市販品は良くない、使わない方が良い、という言うお客さんが今やっている事に触れるのではなくて、ただお客さんの髪質などを見て、「〇〇という成分の入っているヘアケア剤を使う方が良いですよ」などとやんわりと伝えるのが良いのではないでしょうか。もしもそこでお客さんが「例えばどんな製品ですか?」などと興味を示せば、さらにおすすめすることができますね。美容室 ヘアサロン 二子玉川 カット カラー パーマ 人気 予約