作品を見るのは誰?

作品を見るのは誰?

今の時代SNSを通じて集客する事は美容室だけではなく他の業界でもあたかも一番良い方法だ、と思われているようですが、それが本当なのかどうかは定かではないような気がします。まずはSNSを利用している人がどのるがいいるのか。もちろん年々増え続けているとはいえ、利用者の年代と言うのはまだまだ限られている様な気がします。さらにヘアスタイルを考えたり美容室選びをする時に実際に美容師が作ったヘアスタイルをチェックする、という人はどのくらいいるでしょうか。確かに若者に絞って言えばかなりの割合かもしれませんが、それよりも年代が上の人にとってはまだまだ浸透していないかもしれませんし、今から利用しようと思う人も少ないかもしれません。またそもそも美容室へ行くときにそこまで下調べに時間をかける人、というのも若者であっても限られているように思われます。そうであるならばその人達にターゲットを絞った作品を掲載する方が集客につながりやすいですし、なんでもかんでも撮影して掲載すればよい、という事ではないように思われます。撮影した作品をみてくれるのは誰なのか、誰に見てほしいのか、という事を意識した撮影をする方が効率が良いですね。本来あるべき姿は作品撮りではなくて、ヘアスタイルを作ることですからね。美容師が作品撮りをする時には、もはや美容師は一人の芸術家になっている、と言っても良いかもしれません。作品作りから撮影まですべて一人でこなす美容師もいますが、多くはヘアスタイルを作るのとは別で撮影スタッフを集めている人が多いようですね。もちろんその為のモデルさんも必要です。ですが忙しい美容師にとって撮影に時間をかける事はなかなかむずかしいですし、そちらを優先してしまう様では本末転倒です。本業に支障が出ない様に撮影するためにはただひたすら撮影すればよい、という事ではないでしょう。まずはどのような作品をどのように撮りたいのか、というテーマが必要でしょう。いくら一つの芸術としての撮影であっても、それが結果的にはその美容室や美容師個人の宣伝やアピールにつながると考えられます。そうなるといくらヘアスタイルを作るのは美容師個人であってもやはり美容室全体のコンセプトを意識したものであるほうが望ましいかもしれません。何をどのように撮影するのか、という事を持っておかなくてはただの趣味の撮影になってしまうかもしれませんね。フォトコンテストなどに出品したい、と言う事であればさらなる高みを目指す事にもなるかもしれません。背景や色合い、いかにそのモデルの魅力と引き出すか、と言ったことも考えなくてはならないでしょう。美容室 ヘアサロン 府中 カット カラー パーマ 人気 口コミ