お客さんの表情を逃さない

お客さんの表情を逃さない

美容室の専売品を勧める時に、そのお客さんに今後もこの美容室に来てほしいと思うのであれば、専売品で決して無理強いをしないことが大切ですよね。おそらくお客さん側から考えると一番辛いのは「薦められているのに買わない」という状況だと思うんですね。買ってほしいとスタッフが思っている事は明らかですが、買わない事を責められているように感じると、本当に嫌になってしまうと思うのです。そしてそれが来店するたびに続くとその美容室へ行くこと自体が気が重くなってしまいかねません。そこで大切になってくるのは、薦める側が、相手が興味があるか、全くないのか、という事をすぐに察知する事が大切だと思うんですね。「あ、これ以上薦めるのは迷惑がられてしまうな」という瞬間をなるべく早く察知する事でしょう。逆にお客さんが興味を示した表情を見逃さない事も大切でしょう。お客さんのこころの傾きを早い時点で察知する事が出来れば、営業トークも短くすることができます。結局お客さんは専売品を見せてもらう事を楽しみにしている人は、ほとんどいないのではないでしょうか。もちろんセレブの人が集まるようなサロンであれば、そういう雰囲気も有るかもしれませんが、一般的な美容室ではやはり「あまり強く薦められるのは気が重い」と思っている人の方が多いと思われます。洋服を買う時には多くの人たちは試着をしてから購入するかどうか決めるものですよね。美容室の専売品も同じだと思うんですね。使ってみてから決めたい、その効果を実感したら買うかもしれない、というのがお客さんの心理だと思うんですね。ですから押し売りをしている、と思われないようにするためには、まずはお客さんに実際に実感してもらうのがいちばんだと思うんですね。たとえばトリートメントを販売したい、という時には実際にその日の施術でそのトリートメントをそのお客さんに使ってあげてみる、という事ですね。たとえお客さんがトリートメントをオーダーしなかったとしても、キャンペーンか何かでお試しが出来る様にしてみるのが良いかもしれません。そしてその時にいきなり「いいでしょう?」「買いませんか?」と言われてもおそらく躊躇するお客さんが多い事でしょう。トリートメントなどの効果はすぐに実感する、というよりは、ブラッシングをする時、髪に触れた時、自分が今やっているトリートメントに戻した時、などにその製品の良さを実感する事が出来るのではないでしょうか。ですからおそらくその製品を気に入った人は、次回来店してくれた時に「あのトリートメント良かったですよ」と言う話題になると思われます。そこまで気長にお客さんの気持ちの寄り添う方が気持ち良く購入して頂けると思われます。マツエク まつげエクステ 三宿 トリートメント ミンク 人気 クーポン 口コミ