店の為の販売ではない

店の為の販売ではない

美容師の皆さんにお願いしたいのは、美容室の商品を販売する時にはそれが「美容室の売り上げの為」という事を感じさせないでほしい、という事でしょう。本当にお客さんの髪の毛や頭皮にとって良いものである、という事だけを感じさせてほしいものです。そう思える為に必要な事は「自分の髪の毛の事を良く解ってくれているな」と思わせてほしい、という事があるのではないでしょうか。やみくもに何でも薦めてくる。とても自分の髪の毛に必要とは思えないものまで薦めてくる、というのでは明らかにそれは「一つで良いから買ってほしい」という美容室側の意図が見え透いています。そうではなくて「お客さんの髪の悩みを解決するにはこのヘアケア剤が適している」という事を心から説明してくれる事を望んでいるのですね。だれでもキレイな髪の毛になりたい、という気持ちは持っています。ですがそれを維持するためには時間もお金もかかります。忙しい日常を過ごしている人に対して、いくら髪の毛に良いからといっても取扱いに時間のかかるようなものを薦めるのは、そのお客さんの事を心から考えてあげている、とは言えませんよね。そういう薦め方をされるとお客さんの方は敏感にそれが「私の為に勧めてくれている」のではなくて「お店のために販売している」と言う事を感じ取ってしまうに違いありません。お客さんの中には一生懸命に商品を勧めても結局断る人もいるものです。美容室で扱っている商品と言うのは、一般的に「値段が高い」というイメージがありますし、実際にドラッグストアなどで買う事を思えばかなり高いケースが殆どです。ですからお客さんの多くは「良いものだと解っていても手が出せない」というのが現状なのではないでしょうか。美容師の人たちが「髪に良いから」と勧めてくれているのは良く解っている。けれどもどうしてもその値段は自分の予算に合わない、という事が多いのですね。そうなるとお客さんの方が「買えない自分」に対して引け目を感じたり、美容師に対して「申し訳ない」という気持ちになったりするものです。ですがその気持ちをお客さんにずっと持ったままにさせてしまうのは、よくありませんよね。「あんなに薦められたのに買わなかった」という負い目が、その日美容室に滞在している間中感じてしまうような雰囲気になってしまうのはよくありません。それはお客さんにとってとても居心地の悪い時間になってしまう事でしょう。ですから美容師の方は「今日は買ってもらえそうにないな」と思った時には、さっと引く事も大切だと思うんですね。そしてその後は販売の話はやめて別のトークで楽しい雰囲気を作ってあげるのがお客さんへの思いやりだと思うのです。奈良の美容院