経営者陣はどのような人達か

経営者陣はどのような人達か

その美容室がどのような美容室か、と言う事を見極めるのには経営している人たちはどのような人達なのか、と言う事を見極める必要があると思います。ただ採用の際の面接ぐらいでは、いわゆるトップの人たちとは合う事が出来ないかもしれません。ですが例えば男性美容師の場合、経営陣が全員女性である美容室、というのは体質的に合わない可能性も大いにあります。逆に男性ばかりがトップで経営している美容室では女性美容師は働きづらい可能性もあります。その美容室で若い時から長く務めた人が経営に携わっているのであれば、自分も頑張ってその美容室で働き続ければいづれは経営に携わることができる可能性もあります。外部から雇われて来ている人が経営をしている場合、特にそもそも美容師ではない人がオーナーである場合には、働く美容師たちの苦労がなかなか解ってもらえないようなケースも有ります。一緒に働く人がどんな人か、と言う事もとても大切なのですが、どういった人たちが経営しているのか、と言う事もその美容室を見極める重要なポイントとのあると思うのです。こういったことはなかなか面接などで質問してみるには勇気が必要だと思うので、各お店のほーむぺーじをチェックするなど自分なりのリサーチが必要かもしれません。美容室の求人は主婦でも採用し柏駅で自由出勤の新人美容師、つまりアシスタントとして入店する場合、一番確認しておきたいのはその美容室ではちゃんとアシスタントをスタイリストにまで育てるプログラムが出来ているか、そしてそのプログラムが実行されているか、と言う事だと思うのです。美容室がアシスタントをそだてるのは当たり前じゃないか、と思う人もいるかもしれませんが、実際にはそうではない美容室も有る様なんですね。それはアシスタントに雑用をいつまでもさせておくことで、美容師の仕事の負担を軽減し、その分多くのお客さんを取らせるという経営方針の所があるからです。つまり「あしすたんとと言う雑用をしてくれる人」が必要だ、という事になっているので、アシスタンとはスタイリストに昇格してくれなくても良い訳です。スタイリストになってしまえばそれだけ給料もそれまでよりも多く支払わなくてはいけません。それよりもいつまでもアシスタントでいてもらって安い給料でスタイリストの仕事を手伝ってくれた方が経営的には便利なわけです。そういった美容室ばかりではありませんが、いつまでたってもスタイリストに昇格できていないスタッフがいる美容室、というのはそういう可能性も有ると考えた方が良いでしょう。きちんとしたアシスタント教育が受けられるかどうか、と言う事を見極める事が必要ですね。