囲み目メイクは目を小さくみせる

囲み目メイクは目を小さくみせる

少しでも目を大きく見せたいと言う女性は多いかと思います。まつ毛にマスカラを念入りに塗ったり、綺麗にカールさせたりと、目を少しでも大きく見せるコツはたくさんあります。しかし、目を大きく見せるためにNGなメイク法というのも存在します。それがアイラインで目の周りを囲む「囲みメイク」です。目が小さいと悩む人の中にはアイラインでくっきりと目を囲むことにより目元の印象を強くする、目を大きく見せることができると考えている人もいるでしょう。しかし、目の周りをくっきりと囲むことにより実は余計に目を小さく見せてしまうのです。これはミュラー・リヤー錯視と言って、一つの錯覚が働いているからだと考えられます。目を大きく見せるためにアイシャドーできれいなグラデーションを作ったり、マスカラやビューラーでまつ毛の印象を強くしても、目を黒く囲むことで目が小さく見えてしまっては残念ですよね。ですから、目を大きく見せたいと思う人ほど囲みメイクはやめましょう!囲みメイクをせずにアイラインで少しでも目を大きくさせる方法として、下瞼は目尻に少しだけラインを引くのが効果的です。バランスとしては下瞼の3分の1ほどを意識すると良いでしょう。そうすることで自然に目を大きく見せることができます。またよりナチュラルに目を大きく見せるには、下瞼はアイライナーではなくシャドウを使うのがおすすめです。囲みメイクをやめて、理想の大きな目を作りましょう!新しいメイクにチャレンジする際に、聞きなれないメイク用語がでてきて戸惑うことはないでしょうか。なんだか難しい印象を受けたり、メイクのプロにしかできないイメージを抱いてしまうこともあるでしょう。しかし、実際にどんな意味をもつのか理解すると意外にも簡単だと気付くことも多いですし、メイクの幅が広がりメイクが楽しいと思えるきっかけにもなります。「ベーキング」というメイク用語もその一つです。ベーキングとは海外を中心に支持されているメイク法の一つで、化粧崩れを防止するために使われています。やり方は、コーンシーラーやファンデーションを塗った肌にルーセントパウダーをたっぷりと乗せて放置するというとてもシンプルな方法です。放置することによって、ルーセントパウダーは体温でだんだん温かくなっていきます。パウダーが温まることにより、肌との密着力がより高まるメリットが挙げられます。料理をする様子に例えて「ベーキング」と呼ばれるようになったと言われています。化粧が崩れにくくなるだけでなく、肌の毛穴が気になる人は毛穴のカバー力を実感することができるでしょう。ベーキングをする際は、スポンジやパウダーでたっぷりと乗せることがポイントです。放置時間の目安は約5分から10分で、時間がきたら化粧ブラシでルーセントパウダーをはたき落としていきます。パウダーを落とした後はどうしても顔全体がのっぺりとしてしまうため、チークやブロンザーを使って顔の凹凸や影をつけると良いでしょう。とても簡単なのでチャレンジしてみてはどうでしょうか。三宿 マツエク