ダイエット中の苦痛を最小限に

ダイエット中の苦痛を最小限に

多くの方がダイエット=辛い、苦痛と考えているのではないでしょうか。

確かに好きな持食べ物を我慢する、お腹いっぱい食べられないのはストレスです。
しか、考え方や習慣を少し変えるだけでダイエットの苦痛を大幅に軽減させる事ができます。
そのコツをご紹介いたします。

 

まず、ダイエット中は食事をきちんと食べる事を心がけましょう。
バランス良く食べるということも大事ですが、食べる事そのものに集中する事が肝心です。
雑誌を読みながら、スマホ、テレビを見ながら食べるのはあまり食べた気がせず、つい食べ過ぎてしまいます。
しかし、静かな環境の中で食べる事に集中して、このトマトは真っ赤で完熟している、ツヤツヤした茄子だ、など思いながら食べると満足感も合出ます。
食事は人間の大きな喜びと楽しみでもあるので、食事そのものの時間を大事に考えるようにしましょう。

 

また、間食をしたくなったらみだりに食べてはダメだと考えるよりも、ダイエットが成功した自分の姿を考えてみましょう。
スマートになって憧れのファッションに身を包んでいる姿を想像するだけでワクワクしてしまいます。
この様に、食べられないというマイナスの感情ではなく、その先にあるダイエット成功と言うプラスの感情を大事にしてみましょう。
こうする事で気持ちも前向きになり、我慢できる回数も増えるはずです。

 

ダイエットはただ闇雲に運動して食事制限をすればよいと言うものではありません。
ストレスと上手に付き合うことこそが成功のカギを握っているのです。

 

ツヤツヤの髪は女性の憧れです。

しかし、多くの方はツヤ髪の作り方を間違っている場合が多いので、正しいケア方法を知りましょう。

 

綺麗な髪と言うとトリートメントをイメージされるかもしれませんが、頭皮ケアが重要です。
もちろん髪の毛そのものをケアするトリートメントも大切ですが、髪の土台となる頭皮ケアは将来の髪にも影響します。
まずはシャンプーをよく泡立てて頭皮の汚れを落とします。
これが不十分だとその後いくらケアしても効果が出にくいためです。
シャンプー後は、頭皮ローションを使いマッサージをすると髪にツヤが生まれて抜け毛減少効果が望めます。
マッサージを続けていると頭皮がポッポとぬくもりを感じられるようになりますが、これは毛細血管に血液が入り込んでいる証拠です。
頭皮ローションの栄養分も加わり、健やかな髪へと導いてくれるでしょう。

 

また、髪をとかす櫛にも一工夫します。
木製の櫛で頭皮を刺激するようにとかすと、どこでも手軽にツヤ髪に近づけるので、ポーチに入れておくと常に髪のケアができます。
何故木製の櫛が良いのかと言うと、静電気が起こりにくく広がりが抑えられるためです。
髪が広がってパサパサだとツヤも感じられにくく、枝毛や切れ毛の元となるので丁寧にとかしましょう。

 

今まで髪のケアはしていたけれど、頭皮ケアはお留守になっていた方は多いのではないでしょうか。
頭皮を刺激するのはお顔のフェイスラインをキュッと引き締める効果も望めるので、ツヤ髪+小顔で若々しく居られます。

 

おすすめサイト

武蔵浦和で美容師の正社員に転職

武蔵浦和 美容師 転職 正社員

 

表参道駅の美容室の求人

表参道駅 美容室 求人