クーポンの内容は解りやすく

クーポンの内容は解りやすく

美容室のメニュー表記を目にするのは、美容室内のメニューボードだけではありません。最近ではネット上でその美容室の紹介や美容室自体が発信しているホームページやブログがあり、そこでもメニューを紹介しているケースが殆どですね。お客さんたちはそういった下調べをしてから来店するのが普通になってきています。ですからその時点で「このメニューって面白そうだ」という気持ちにさせる事はとても大切だと言えるでしょう。またお客さんが良く利用するのはクーポンです。ネット上でもクーポンを発券する事が出来る事も多いですが、折り込みチラシに合わせて印刷する事もあるでしょうし、フリーペーパーなどにメニューを載せてクーポンとして使えるようにする場合も有ります。そういう時に魅力的なメニューがあるかどうか、という事は見る側にとってはとても大切な事です。たとえばカットはカットでも「似合わせカット」と書かれていると、より自分好みに仕上げてもらえる、というイメージがすぐに湧いてきますね。ショートカットならショートカット、と断定しているのではなくその人にのライフスタイルや顔立ちに合わせたカットをする、という意味で「似合わせ」という言葉が使われますが、それをアピールする事でより仕上がりの満足度を表現する事が出来ると思います。美容室ではセット価格やコース価格というのがよくありますよね。セットやコースでお願いすると別々でお願いするよりも少しお得に料金設定がされている事が殆どです。そういう時のセット名やコース名はできるだけ何が含まれているのか解るようなネーミングがふさわしいと思うんですね。たとえば一つ一つのメニューを「+」でくくって表記するのも解りやすくて良いのではないか、と思いますね。ですが単純にカット+パーマ+カラーといった具合では、あまりにも殺伐とした感じがしますね。そういう基本のワードに少し魅力的なワードをプラスして使うのが良いのではないか、と思います。たとえばカラーであれば「オーガニックカラー」と具体的なイメージを添える事で、オーガニックに興味がある人にはとても魅力的なカラーリングだ、と感じてもらえるのではないでしょうか。「ジェルコース」とか「プラチナコース」といった言葉も美容室で良く見かけますが、いったい何をするのだろうか?というイメージを持つ人も少なくないと思います。ですがコースの内容が解るような言葉が選ばれていると、それがお得であることが瞬時に判断できると思うのです。「+」でくくられていると、いかにも多くのメニューが含まれたコース、という印象になりますね。大宮にある美容室