雨が降ると髪が広がってしまう理由

雨が降ると髪が広がってしまう理由

雨が降ると髪がうねると悩んでいる方も多いと思います。どうして雨が降ると髪にうねりや広がりが出てしまうのでしょうか。皆さんはカラーリングやパーマをしていますか?そういった事により髪が傷み、髪の一番外側のキューティクルがはがれやすくなってしまっているのです。髪は外側から中心に向かってキューティクル、コルテックス、メデュラという3層構造になっています。キューティクルは髪の表面にありとても傷みやすい部分です。そしてそのキューティクルが傷むと、その後ろにあるコルテックスが外に流出しやすくなってしまいます。コルテックスは髪に丈夫やしなやかさを与える役割をしてくれているのですがそれが外に流出してしまう事で髪がスカスカになってしまいます。雨が降った日はコルテックスが外に出てしまって出来てしまった隙間に空気中の湿気が入ってしまうので髪の中の水分が多くなってしまい、髪が広がりやすくなってしまうのです。元々髪は水分を吸収しやすいように出来ています。普通の乾いた髪の水分量が11%から14%ほどと言われているのですが、シャンプー後の濡れている髪の水分量は35%くらいまで上がるそうです。こういったことにより雨が降ると必要以上の水分が髪に含まれてしまい、髪がまとまらなくなってしまうのです。雨が降った時に髪がまとまらない、うねってしまうと悩んでいる方は髪を結んでアレンジするなどの対処法を考えていくのがよさそうです。カラーをすると必ず頭皮が染みてしまう方もいますよね。どうしてカラーをすると頭皮が染みてしまうのでしょう。ヘアカラー剤は刺激があるものも多く、カラーをする時に地肌にダメージを与えてしまう事があります。ヘアカラー剤に入っているジアミンという成分はアレルギーを起こしてしまう事があるのです。元々頭皮が傷んでいるような場合は染みやすくなってしまいます。傷んでいるというのは頭皮にニキビが出来てしまっている、日焼けなどで炎症を起こしてしまっている場合です。そういう時にはヘアカラーは控えましょう。ヘアカラーをする前にシャンプーなどで頭皮の皮脂をとってしまうのもあまりよくありません。ヘアカラーをする際、頭皮の皮脂が頭皮を保護してくれて染みづらくしてくれます。日頃から頭皮のケアを行っておくのも大事です。頭皮の血行を良くしておく事や頭皮の状態も健康に保っておくとカラー剤でのトラブルも減ってくると思います。頭皮の血行を良くする為には、湯船に浸かっている時に指の腹で頭皮をマッサージしてみましょう。頭皮が乾燥しているなと感じたらホホバオイルを薄く頭皮に塗って保湿をすることもお勧めです。頭皮が潤うと髪も健康になるので、ツヤ髪にもなれます。オイルが頭皮に膜を作ってくれるのでヘアカラーをする時に染みる事も防いでくれます。最近では頭皮に染みないヘアカラー剤もたくさんあるので、自分にあったヘアカラー剤を選び、頭皮の健康に保ちながらカラーリングを楽しみましょう。美容室 与野本町駅 メンズ 安い 口コミ ランキング カラー トリートメント 白髪染め